ソルボとは? 5大特長! DSISとは?
 ▼ソルボとは?
 ソルボ5大特長
 
ソルボDSISとは?
   (DSISと表示された商品は足指を使う歩行に必要な3つのアーチをサポートする商品です。)

 ソルボとは?


生活の質の向上を考えるQUALITY OF LIFE
高年齢層の方に限らず、多くの人々が足のトラブルや足の障害に悩んでいます。正しく歩くことが全身の老化を予防し、健康を維持する基本です。少しの工夫(ソルボフットケア商品の利用)により、障害を除いたり軽減したりすることでずっと元気でハッピーな生活を送ることが出来ます。

驚異的な衝撃吸収力と圧力分散性能を実現。
人工筋肉「ソルボ」は、メディカル・ケアに最適な高機能素材
人間の土台にあたる足に異常があれば、他の場所に痛みが出てくる場合があります。それは身体のどこかに不調があることを知らせる赤信号なのです。足の障害の治療の現場では、痛みを取り除くために「ソルボ」はなくてはならない素材となっています。また、日常の生活やスポーツの現場では、ヒールストライクをやわらげ、疲れにくくするインソールとして、足の障害予防はもちろん、運動能力の向上にも実績が認められています。

粘弾性高分子化合物「ソルボ」は人工筋肉。
「ソルボ」は、英国の科学者であるモリス・ハイルスが交通事故で傷ついた人体の中で、ほとんど損傷のない軟部組織に注目して開発した衝撃吸収素材です。
外圧を受けると素早く変形し、ゆっくりと元の形に復元することで衝撃を吸収するとともに、高い粘弾効果によって圧力を均一に分散し人間の体に優しくフイットします。さらに、ゴムやEVAなどこれまでの素材に比べて違和感やへたりがはるかに少なく、耐久性にも優れています。

医療現場でも評価の高い人工筋肉「ソルボ」

イギリスの医療分野から生まれた「ソルボ」はその驚異的な衝撃吸収力と圧力分散性能を実現する人工筋肉として、医療の現場で高く評価され、今やメディカルからインダストリー分野まで幅広く使用されています。衝撃エネルギー吸収や、防振、制振、消音、防音、圧力分散などの目的で使用される人工筋肉「ソルボ」は、人に優しい快適さを皆様にお届けします。

←←●当社実験・TVCFより *絶対にマネしないください。
正しく歩くことが、全身の老化を予防し健康を維持する基本です。
運動の基本である「歩くこと」は血行促進や心肺機能の向上、脳の活性化など全身の健康に貢献します。悪い歩き方や間違ったフットケアは、足部障害の原因になることがあります。
ソルボフットケア商品で、足指を使いながら衝撃を吸収し、スムーズな体重移動でしっかり歩くことが足にかかる負担を軽減します。さらにバランスがよくなることで姿勢がよくなり、キレイに歩くことができます

頭痛
肩こり
腰痛
膝の痛み
すねの痛み
アキレス腱の痛み
かかとの痛み
つま先の痛み
足の裏の痛み


ヒールストライクの衝撃を吸収することは、足の痛みの軽減だけではありません。
歩いたり、走ったりするたびにかかとに加わる衝撃は、猛烈な勢いで身体の各部を通って最後には脳まで到達し、足部痛や関節痛、腰痛や頭痛などの障害を引き起こします。

このページの上へ


 ソルボ5大特長!


このページの上へ


 ソルボDSISとは?

(DSISと表示された商品は足指を使う歩行に必要な3つのアーチをサポートする商品です。)
医療分野で実績”ソルボDSIS”
医療の現場から生まれた足底挿板メディカルシステムで、足の機能を高め、歩行を楽にする。
  DSIS=DYNAMIC SHOE INSOLE SYSTEM
      「ダイナミック シュー インソール システム」


3つのアーチを支えて、正しい体重移動を行い、障害を予防する。

ソルボDSISの特長:

3つのアーチサポートが足指を使う歩行を促す。
正しく、リズミカルで、バランスのよい動きを引き出し、安定させる。
運動性を高め、足部障害を予防し、回復を早める

こんな方にソルボDSISをおすすめします。
左右のバランスがくずれて歩き方が悪い人
足、膝を傷めやすい人
O脚X脚による靴の片べりがひどい人
アーチが低下して、偏平足気味の人
外反母趾や指の曲がり、ウオノメ、タコのある人

キチンと歩けること、これこそDSISの目的
現代人の足は、靴の善し悪しによって大きな影響を受けています。膝・腰の痛みは足に問題のあることが多く、外反母趾はその障害の代表例といえるでしょう。NPO法人オーソティックスソサエティーが考案した「DSIS」は人の足の動きをこの中敷きで調節し、足裏にある「3つのアーチ」をサポートすること。これより足指がしっかり使え、歩行がリズミカルになり足が疲れにくくなります。
*NPO法人オーソティックスソサエティーは医師や理学療法士など足の専門家による研究集団です。

このページの上へ