本文へスキップ

車椅子用体重計やサポーターなどの通販


FAXでのご注文もお待ちしてますFAX:04-2955-3637

メールでのお問い合わせはこちら

介護・福祉、健康商品の店 川田企画

車椅子の種類と選び方

歩行が困難な方の脚代わりとなる存在が車椅子です。車椅子を利用する理由は一人ひとり異なっており、それぞれの目的や利用者の身体状況に合わせて選ぶことが大切です。

車椅子の種類

車椅子は大きく自走用・介助用・電動の3種類あり、それぞれバリエーションが豊富です。

  • 自走用

大きめの後輪に装備されたハンドリムで、利用者本人が操作する車椅子です。不要な部分を取り除いた軽量化タイプや、足で床を蹴りながら進む底床タイプ、介助者用ブレーキが装備されたタイプなど、様々なタイプがあります。

  • 介助用

介助者の操作を前提とした車椅子なので、ハンドリムは装備されていません。
自走用と比べ後輪は小さめですが、小回りがききやすいです。
ハンドグリップには介助ブレーキがあり、ブレーキ操作も主に介助者が行います。
しかし、最近では介助者の負荷が軽減される電動(アシスト)タイプも開発され、登り坂の多い場所を通行される方やドライブ(車に積み)に持参される方におすすめです。また、下り坂はブレーキが自動的にかかります。
また、車椅子用マットは、床ずれを防ぐため必ず体に合った、最適の商品を選びましょう。

注意点:
車椅子利用で介助者は楽になりますが、選び方によってはせっかくリハビリ効果のあったからだがダメになっつてしまいます、ケアマネや専門の方と相談し最適の車椅子を選ばれることを願います。

  • 電動

電動にはジョイスティックレバーで操作するタイプの車椅子と、ハンドル操作の電動四輪車があります。
バッテリーを積むため重量がありますが、車椅子をこぐ力がない方には最適のため人気があります。道路交通法上、歩行者として扱われるので免許が不要なこともポイントです。

選び方のポイント

移動方法・座位・移乗能力が車椅子選びのポイントとなります。まず移動方法についてですが、自分で操作するのか、それとも介助者が操作するのかによって、車椅子の機能が異なってきます。また、自走の場合でも両手でこげる、片手・片足でこげる、指先で操作するなど条件が変わります。
座位を見る際は車椅子の座り心地をチェックします。これは床ずれなどの2次障害を防ぐ意味合いも含まれています。
そして移乗能力ですが、車椅子ユーザーにとって車椅子の乗り降りは非常に大変な作業です。車椅子の機能が移乗を妨げないよう、パーツの取り外しができるかなどのチェックを行いましょう。

介護・福祉用具や健康商品をお探しの際は、ぜひ川田企画をご利用下さい。川田企画では車椅子用体重計やサポーターなどの通販を行っております。
車椅子用体重計は家庭用にはもちろん、施設用としてもおすすめです。
市販のヘルスメーターを使用するため、低価格での販売が可能となりました。毎日の健康管理にご活用下さい。

ショップ情報

川田企画

〒350-1335
埼玉県狭山市柏原3618-39 NT135-5
TEL.04-2955-3632
FAX.04-2955-3637
customer@kawada-plan.com

→ショップ案内

リンク集
「ふくしチャンネル」
ランキングに参加しています。ここを押してくださると助かります。

商品一覧 - 川田企画

商品一覧 - 川田企画